2016/10/31

プレイ3日目 ケアルの洗礼

 この日はまず、赤魔にチェンジしたばかりのマイキャラのレベルを上げることに集中した。


 レベル6まで上げ、そろそろケアルを覚えようと、魔法屋を探して回る。
 案の定、見つからない。


 家人に訊き、港にあることを教えてもらう。
 港への行き方も一緒に教えてもらい、魔法屋へ。



 ここで「ケアルなんか買っても意味ないよ」と家人に忠告される。

 ケアルを習得するためにわざわざ赤魔にジョブチェンジしてレベル上げしたのに、と反発する私。


 家人もあまりアドバイスし過ぎるのもよくないと判断したのか、それ以上は何も言わなかった。

 何も知らない私は喜んでケアルを購入、習得する。




 レベル上げのためフィールドに戻り、戦闘中、HPを大幅に削られピンチに。


 今こそケアルを使う時……!


 とケアルを唱えたら、なんと12しかHPが回復しない。

 被ダメに比べ微量すぎる回復量。そのままマイキャラはモンスターに殺された。



 思わず「ケアル使えねー!」と叫ぶ私に対し、それ見たことか、と家人。
 なるほどね、と私。
 2人で笑い合う。


 確かにケアルはまるで役に立たなかったが、良い経験になったと思う(負け惜しみじゃないよ)。



 その後はバタリア菜を仕入れたり、お牡羊の毛皮3枚を装備品に仕立ててもらったり、フェイスを習得したり。


 「ラテーヌ高原で『ゲートクリスタル』と呼ばれる石を取ってこい」とアローヌに指示されたところで、この日はプレイを終了した。


プレイ初日~2日目 解像度に苦戦・赤魔にジョブチェンジ

 アローヌの元に帰り着いて、やれ競売所へ行ってこいだの、レベルを4まで上げてこいだのという指示をこなしていたら、今度は画面の解像度の粗さが気になってきた。



 何度も

 「ログアウト⇒コンフィグ起動⇒ログイン・確認⇒ログアウト⇒コンフィグ起動……」

 を繰り返すこと30分。なんとか、納得のいく解像度になった。




 解像度の設定が終わったのでプレイ再開。

 ラテーヌ高原で新しいモンスターを倒して来い、というアローヌの指示をこなそうと移動していたら、道中のアクティブモンスターにタゲられ、そのまま死亡してしまった。



 敗因はHPの回復手段がなかったことではないかと考え、ケアルを習得しようと決める。

 現在のジョブは戦士。

 魔法も使って肉弾戦もやろうとするなら赤魔道士がいいかなと思い、ジョブチェンジするためにモグハウスとやらを探す。


 (余談:元々私は赤魔道士でゲームを開始したつもりだったが、何故か初期ジョブは戦士になっていた。途中で気づいたが「まあいいか」とそのまま戦士でプレイを続けていた)



 このモグハウスがこれまた見つからない。

 ネットの情報を頼りにようやく南サンドリアのモグハウスに辿り着き、晴れて赤魔道士にジョブチェンジ。


 この日はここでログアウトした。


プレイ初日 名前の登録につまずく・他

 2016年10月28日、いよいよFF11プレイ開始。


 種族はエルヴァーンを、本国はサンドリアを選択。


 が、名前の登録がなかなかできない。


 そのうち「登録できればもうどんな名前でもいいよ」と投げやりになり、使っている人が少なさそうだという理由から、ギリシャ人名をググって適当に入力。やっと通った。

 時計を見ると、20分経っていた。




 ゲームを開始してみると、カメラ操作を割り当てているパッドの右スティックが正常に機能しない。

 コンフィグでいじってみたが直し方が分からず、カメラだけキーボードで操作することで妥協する。
 (カメラについては後日家人見てもらい、パッドで使用できるようにしてもらった)



 そんなこんなで片手剣スキルが5になり、アローヌに報告しようとするが、アローヌが見つからない。
 この門の前にいたはずなのに、と必死にうろうろする。



 どうしても見つからないのでググった。それで自分が今いる場所が、北サンドリアだということに気づく。


 アローヌがいるのは南サンドリアだ。そりゃ北サンドリアをいくら探したところで見つかるわけがない。


 続く。


プレイ0日目 フリートライアルDL

 2016年10月27日、FF11のフリートライアル(体験版)をDLした。
 きっかけは「家人と共通の話題を作れないか」というもの。


 家人はFF11を、何度か休止しつつも10年に渡ってプレイしていた経験がある。
 最後にプレイしてから5年は経つらしいが、FF11の大型アップデートが終了したと知ってから、また再開したいと思っていたらしい。


 それで「私も一緒にプレイすれば、ちょうどいい『共通の話題』作りになるのでは」という話になり、まずは私がFF11に馴染めるかどうか試すため、フリートライアルをDLしたというわけだ。




 フリートライアルのインストールに当たっては不明な点が多く、苦労した。
 やっとゲーム本体を起動できる段階になってからは、パッドの設定でつまずく。

 パッドの設定をようやく終え、FF11を開始したのは翌日のことだった。


 開始後は解像度の設定で苦労することになるのだが、それはまた次の記事にて。


▲ページの先頭へ