2017/02/11

プレイ76日目その3 アンバス2章2月編



 家人が起きたので、アンバス2章を一緒にやることに。
 まずは「やさしい」で様子を見る。


 戦闘前に軽く敵の情報を仕入れたところ、ボスの他に雑魚もポップするらしいので、雑魚が出たら私と家人のオートマトンが処理に当たるよう作戦を練る。


 話がまとまったところでいざ戦闘開始。





 相手は巨大な亀。開幕時に雑魚はいなかったので、普通に亀を攻撃する。


 ある程度亀のHPを削ったら、雑魚がポップした。

※SSは2戦目のものです(初戦はSSを撮り損ねた)



 与えられた役割を果たそうと、必死に雑魚にタゲを合わせる。

 これまで「戦闘中にターゲットを変更する」という行為を殆どせずにプレイしてきたため(それでどうにかなっていたのも問題かもしれないが)少し緊張した。



 雑魚を処理し、亀の攻撃に戻りしばらくすると、2匹目の雑魚がポップ。





 これも私とオートマトンとで処理に当たる。


 あとは亀を全力で攻撃。





 覚えたてのスチールサイクロンを振り回しているうちに、勝利した。



 「やさしい」を終えてみて、この調子なら「ふつう」も大丈夫ではないかと家人と話し、2戦目は「ふつう」に挑戦する。


 「ふつう」は敵が堅くなったほかは「やさしい」と大差ないように感じた。特に問題なく撃破する。



 気をよくして「ふつう」で3戦目に挑戦。
 今回は、マトンなしで私ひとりで雑魚処理に当たってみた。


 雑魚のタゲがアプルルや家人に何度か行ってしまい、その度に挑発で剥がす。
 これも普段あまりやらない行動なので、新鮮で面白かった。

 同時に、いかに自分がPスキルを育てる機会を得ないままここまで来てしまったかを思い知る。


 こうして3戦目も勝利し、この日のプレイを終了。

 しばらくはアンバスケードのお手伝いに参加する日々が続きそうである。

▲ページの先頭へ